これまでの実績これまでの実績

レディくる
業界のリーディングカンパニーを目指すために、これからもレディくるさんの情報量や知識から、新しい風をふかせてほしい!
1961年創業以来、最先端の建設機械やOA機器を充実させ、業界のオンリーワン企業を目指して業績を伸ばしてきた株式会社大矢運送(以下、大矢運送さん)。元は運送事業をしていましたが、現在ではクレーンをオペレーター付きで現場へリースする事業を展開しています。
今回、レディくるから紹介させていただいた株式会社INTER PLUG(以下、INTER PLUGさん)にホームページの更新業務を発注した件についてお伺いしました。
『業界のリーディングカンパニーを目指す』という想いから、大切な取引先や採用活動において常に新しい情報を更新していくことで、ブランドイメージを確立させていきたいというご意向です。
また大矢運送さんはJリーグサッカーチームFC東京のスポンサーや、2020年の東京オリンピック開催に伴い未来の東京を創造するTOKYOブランドの精神に共感し、アクションパートナー登録するなど、首都東京の発展のために常に努力と応援をされていらっしゃる熱い企業様です。

大矢運送ご担当者様×レディくる

とにかくお洒落なオフィスに感動!

レディくるお世話になっております。
本日はお時間いただき、ありがとうございます。

ご担当者様こちらこそ、ようこそお越しくださいました。
本日はよろしくお願いいたします。

レディくるそれにしても本当にお洒落なオフィスですよね!
御社に訪問するといつもテンションがあがります。
今流行っているデザイナーズオフィスですか?

ご担当者様いいえ、デザイナーさんにはお願いしてないですよ。
知り合いの先生が設計し、ゼネコンさんにお願いして建設しました。
オフィス家具やアメニティスペースの調度品は、社長のこだわりです。

レディくる私たちのオフィスも増床したばかりなんですが、御社みたいな空間づくりをしていきたいと考えているので、とても憧れます。

ご担当者様ありがとうございます。

フットワークが軽く、すぐに対応してくれる企業を探していた!

レディくる今回、ホームページの更新業務をどうしてINTER PLUGさんに発注しようと決められたんですか?

ご担当者様もともと知り合いから紹介していただいた大手企業にホームページの制作をお願いした延長線上で、更新業務もお願いしていたんです。
しかし更新依頼の頻度が多いことに対し、大手さんだと中々フットワークを軽く対応していただけないこともあり、悩んでいました。

レディくるなるほど。
そこで、大手ではなくもう少しフットワークが軽い企業を探していらっしゃったんですね。

ご担当者様そうなんです。
情報化社会ですのでホームページって、昔に比べ宣伝やPRになるものだと考えているので、リアルな情報を常に発信していきたかったんです。

「取引先や求職者の方々には、自社の最新の情報を常に知っていただきたいんです!」

「ホームページって企業のブランドイメージにつながりますもんね('ω')」

業界のリーディングカンパニーを目指すために!

レディくるホームページって企業のブランドイメージにもつながる顔みたいなものですよね。ちなみにどういった方に見ていただくことが多いんですか?

ご担当者様主に、取引先や求職者の方々ですね。
いつでも信頼していただきたいですし、『業界のリーディングカンパニーを目指す』という志を掲げているので、自社の最新の情報を常に知っていただきたいんです。

レディくる素敵ですね。
ホームページにも記載されていましたが、御社は最先端の建設機械やOA機器を充実させることにも注力されていらっしゃりますもんね。

ご担当者様はい。
クレーンやトラック、トレーラなど含め、すべて最新のを取り揃えています。

“マネするよりされる”企業になりたい!

レディくる最新機械の入荷についての文字や写真の追加を継続しているからこそ、御社は一流企業なのかなと感じました。

ご担当者様褒めていただき、ありがとうございます。
“マネするよりされる”企業になりたいと考えています。

レディくるちなみに、採用活動でもホームページのイメージが大切だとおっしゃっていましたが、今御社で働かれている社員の方々のご家族も、ホームページを見て安心する機会にもなりそうですね。

ご担当者様おっしゃる通りで、例えば社員のお子さんが弊社のホームページを見たときに、「パパの会社かっこいい」と自慢してほしいんです。

レディくる社員の方々もご自身の仕事に誇りをもって働き続けられることは、とても嬉しいことですね。

「Jリーグチーム FC東京のスポンサーとして、建設業と共に東京を盛り上げていけたらと考えています!」

「震災復興、オリンピック特需と建設業界は今特に頑張り時なんです!!」

東日本大震災の復興支援や2020年のオリンピックに向けてホームページをリニューアル!

レディくる今回INTER PLUGさんに発注されて、社内外の反応はいかがでしたか?

ご担当者様一番よかったなと思っているのは、ホームページのトップを時代に合わせてリニューアルしたことですね。
東日本大震災の復興支援や2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてのメッセージを入れたことが社内外でとても評判が良いです。

レディくる私も初めて御社に訪問する際に事前にホームページを拝見しましたが、そのメッセージから、「熱い気持ちをお持ちの企業様なんだな」という印象を受けたことを覚えています。

ご担当者様そういっていただけて光栄です。
ありがとうございます。

増車や国内初の新車を揃えたという点は、アピールポイント!

レディくる御社のホームページって写真が多くて飽きないサイトだなと思うんですが、見どころってやはり写真でも臨場感あふれるような工事現場の写真ですか?

ご担当者様たしかに、そのページはよく更新してもらっていますね。
増車したという内容や、国内で一番に情報を得て新車をそろえたという情報は取引先が弊社を頼っていただく上で最大のアピールポイントになります。

レディくる他に、見どころのページってありますか?

ご担当者様トップページの“新着情報”でブログを掲載しているんですが、総勢200人規模で弊社で夏季納涼バーベキュー大会を開催したページやイルミネーションで華やかに点灯した写真などですかね。

レディくるすごいですね!
バーベキューは働く社員の方々のご家族を招待しての開催だったようですね。
(スクリーンでブログページをみながら)

ご担当者様はい、とにかく盛り上がりました!

「揚重工事や解体工事で活躍している大矢運送のクレーンなのだそうです(´▽`*)」

業界誌や新聞などのメディアに取り上げられたご実績をフロアで発見(´・ω・`)!

“3K”とついた業界イメージを脱皮するために、建設業をさらに盛り上げていきたい!

ご担当者様建設業界って一般的に“3K”と思われている方も少なくありません。
(3Kとは:きつい、汚い、危険の3つ合わせての通称)
しかし、そういった業界イメージを脱皮していく必要があるんです。

レディくる私の周りにも建設業界で頑張っている知り合いがいますが、時代は変わりつつあって、東日本大震災を経てから、「感動」「感謝」「貢献」が3Kだというイメージに変わってきているようですね。

ご担当者様いい言葉ですね!
悪いイメージが先行されがちですが、そういった前向きなイメージをもっと多くの人に持ってもらいたいので、東北も建設業もさらに盛り上げていきたいです。

レディくる命がかかっている仕事ですもんね。
働く社員さんも、安全第一を心掛けていると思いますがそういったところで工夫していることってあるんですか?

ご担当者様毎日浮かれた気持ちでいたら現場でケガをしてしまうかもしれませんし、いつも変わらず平常心を保つように、社員にはいつも口を酸っぱくして話しています。
ただ、仕事が終わるとリラックスする場所が必要なのでオフィスに気を使ったり、社員がコミュニケーションをとる機会を増やすためにみんなで美味しいご飯を食べにいったりイベントの機会を作っています。

レディくるなるほど。
そういった仕事との切り替えができたら、仕事にもさらに励めますよね。
社員さん想いですね!

フットワークの軽さとコストや提案力で、協力的なINTER PLUGさん!

レディくるINTER PLUGさんについて教えていただきたいと思います。
今回同業他社も多い中、どうしてインタープラグさんに発注を決めたんですか?

ご担当者様フットワークの軽さとコスト面でとても協力的だったからです。
私たちが今まで発想もしなかった最適な提案をしてくださったり、コストも以前より下がりました。

レディくる御社に合った企業を選定できて、私も安心しました。
ありがとうございます。

ご担当者様他にも返信が速かったり、とにかく対応が良かったです。

レディくる相性も良いんですね。
安心しました。

ご担当者様特に、私たちは先ほどもお話ししましたが業界のイメージを変えるために新しいことをどんどん取り入れていかなければいけません。
ですので外注することで、センスの良いデザインや言い回し方などを取り入れられますし、継続するのも自社では大変ですがその面でも助かっているんです。

レディくるなるほど。これからもレディくるのサービスを通してお役に立ちたいと思っていますので、ぜひ頼ってください!

なんと、クレーンにも、FC東京のロゴが入っていました|д゚)!

「是非これからも御社のお役にたちたいです(*^-^*)!」

これからもレディくるの情報や知識から、新しい風をもってきてほしい!

レディくる今後、レディくるのサービスを通してどういったことで私はお役に立てますか?

ご担当者様やはり、建設業界以外でも多くの業界との関わりがあるレディくるさんには、これからもたくさんの情報や知識からよい企業を紹介していただきたいです。
今まで弊社にはない発想をもった業界ですね。
例えば今回のようなIT業界やデザイン業界などを期待しています。

レディくるもちろんです。御社がさらに最先端で活躍できるよう、どんな案件でも力になりたいです。
ますますの発展のために、ぜひ協力させてください。

ご担当者様頼もしいですね。
引き続き、よろしくお願いいたします。

レディくるありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

INTER PLUGさんからいただいたQ&A

Q1:制作時に意識したことはどういった点でしょうか?
A:大前提として「お客様が何を求めているのか」をしっかりとヒアリングし考えることです。
今回お話しでは、質はもとよりレスポンスの速さを求めていることがお話を伺っていてわかったことだったので、それは特別意識していたつもりです。
Q2:制作期間はどれくらいでしたか?
A:まとまった大型案件というわけではなく、日々の運用の中で必要なタイミングでお困りのことなどをご依頼いただいております。
そのため期間は様々ですが、そう時間はかかるものはありませんでした。
Q3:制作過程では山あり谷ありだったかと思います。
それぞれ良かったことや大変だったことを教えていただけますでしょうか。
A:大矢運送様のシステムは既に稼働中のものだったため、同システムを弊社環境に用意し、そこで改修したプロトタイプを確認できるようにしました。
運用中のシステムに影響なく改修を進めるためです。
こういう対策は当たり前のようですが、なかなかご提案する会社もすぐに用意できる会社もないと思うので、クライアント様とのやり取りの中では反応も良かったと思っております。
特に大変だったことはありません。
Q4:完成したときの率直なお気持ちをお聞かせくだ さい。
A:ご要望に対してそれ以上のご提案をしていくのがプロの仕事だと思っております。
そういったご提案を受け入れていただいた際には、信頼されているという実感と共にやはりやりがいのある仕事だなと毎回感じております。
Q5:大矢運送様からの反応をはいかがでしたか?
A:良かったとは思っておりますが。。。
まだ定常業務のお手伝いレベルですので、今後このジャンルのことは全て弊社にご相談、ご依頼いただけるよう邁進いたします。
Q6:大矢運送様とは今でも継続してお付き合いされていますか?
A:はい。
実は、レディくるさんからは新たなシステムの開発ということでご相談いただいていたのですが、最初にいただいたご相談内容に関してはご依頼いただいていないんです。
状況と問題を確認したところ「まだシステムを作る段階ではないのでは?」と感じたため、そうご提案し外部システムツールのご提案などをいたしました。
その後、改めてご連絡いただき、現在はHPの改修業務などを承っております。
Q7:私たちは今後も弊社のサービスを通して、
御社の業績向上に貢献できるよう 邁進してまいります。
その上でこれからのフロンティアに期待する事はどういうものになりますで しょうか?
A:都度弊社にご連絡いただく際に、「お客様の温度感」を確認させていただいております。
なんとなくあればいいな程度のものなのか、緊急を要するものなのか、実際にお会いするときにクライアント様の温度感に合わせた対応というのが一番大事だと思っており、
それが一番わかり易い「お客様の立場になって考える」ということに繋がると思い、心がけております。
ご要望の詳細も大事ですが、どんな気持ちでそれを望んでいるのかをもっと共有していただけると助かります。
今後とも、よろしくお願い致します。

Contact

ご気軽にご連絡ください。

0120-311-532

営業時間10:00~18:00(土日・祝日除く)