これまでの実績これまでの実績

レディくる
グランツリー武蔵小杉、
開店3年目。
改めて認知度向上となる
大型展示が実現した!
今回お話をお伺いした株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク(以下、セブン&アイ・クリエイトリンクさん)は、マーケットの変化に対応し地域特性に合った店舗の開発、運営管理をしていらっしゃる企業様です。
「商業施設の開発」「テナントリーシング」そして「運営管理」の3つの事業を柱に、地域のコミュニティと調和し、地域の生活拠点となる商業施設の出店につとめていらっしゃいます。
 今回、レディくるにご相談いただいた内容は、大型ショッピングモール「GRAND TREE MUSASHIKOSUGI(グランツリー武蔵小杉)」で開催する大型イベントやキラーコンテンツなどの新しいアイディアをご提案していただける企業をお探しということでした。
その条件にマッチしたA社さんを紹介させていただきました。
(匿名希望でしたので、以下A社さんと表現させていただきます。)
実際にA社さんに発注された件やレディくるのサービスを活用してみてのご感想をお伺いしました。

~今回のご実績~
グリーンアクアリウム展:2017年9/13(水)~10/9(祝)の期間限定で開催
http://www.grand-tree.jp/web/ga/

ご担当者様×レディくる

都市で生活する人たちを癒す
「グリーンアクアリウム展」開催中!

レディくるお世話になっております。
今日は、お時間をいただきありがとうございます。

ご担当者様こちらこそお世話になっております。

レディくるいよいよ明日から、グリーンアクアリウム展開催ですね。
(取材は、開催初日の前日9/12(火)お披露目会に招待していただきました。)

ご担当者様はい。都市で生活する人たちに「水と緑溢れる世界の美しさを再体感してもらいたい」という想いを再現したものなので、是非多くの方々に癒されに来てほしいです。

アクアリウム業界を牽引している
アクアリスト6名によるアート作品!

レディくる“ここは小さな大自然の世界”ってすごく惹かれるキャッチコピーですね。
「まさかショッピングセンター内でアクアリウムを見ることができるなんて!」という驚きと同時にワクワクします。

ご担当者様アクアリウム業界を牽引しているAQUARIST(アクアリスト)6名がグリーン(水草・木・苔および魚などの生物)に特化し、まるで大自然の森のような世界を水槽内にアート作品のように表現しているんですよ。

レディくる今までにないアクアリウムイベントですね。

「今までにないアクアリウムイベントですね!」

「まさにアート作品ですよね。」

幻想的でエンターテイメントな水中の世界を創造!

レディくるちなみに、アクアリウムは熱帯魚や淡水魚、水草、サンゴ、岩などを用いて水槽の中に美しい世界を作り出すことということは理解しているんですが、アクアリストとはどういった意味ですか。

ご担当者様アクアリウムを作り出す人々のことをアクアリストと呼びます。
欧米を中心に世界中で多くのアクアリストたちが活動しており、まさに”アート作品”と呼ぶに相応しい作品ばかりです。

レディくる幻想的でエンターテイメントな水中の世界を創造していらっしゃる方々なんですね!そんなプロ集団が携わったグリーンアクアリウムは中々ないと思いますし、まさに必見ですね!

グランツリー武蔵小杉が開店して3年。
改めて認知度向上として大型な展示が欲しかった!

レディくる今日は、そのグリーンアクアリウム展が開催されるにあたって、私からご紹介させていただいたA社さんやレディくるのサービスについてお伺いさせてください。

ご担当者様もちろんです。
グランツリー武蔵小杉が開店して3年がたち、少しずつ街に溶け込んできたんですが
改めて認知度向上として大型な展示イベントやキラーコンテンツ等、新しいアイディアが欲しいなと思っていたタイミングだったんです。
レディくるさんに相談して実践できて本当によかったと思っているので、何でも聞いてください(笑)

レディくるそう言っていただけてとても嬉しいです。
何卒よろしくお願いいたします。

「少しでもお役にたてて、嬉しいです!」

「実績に基づいた“提案力”が素晴らしかったです。」

新しさとアクアリウムのビックイベントを手掛けた実績をお持ちのA社さん!

レディくる新しいアイディアがご提案いただける企業様をお探しということで私からA社さんをご紹介させていただきましたが、最初A社さんの印象はいかがでしたか。

ご担当者様A社さんのWebサイトを拝見して、「新しさがありそうだな」と感じたのが第一印象です。

レディくるありがとうございます。
A社さんは「世にない新しく尚且つ魅力的なものを創造しよう」という想いが強く、実績も伴っていらっしゃったのでピッタリかなと思い紹介させていただきました。

ご担当者様 はい。
弊社が求めていた“新しさ”や実績に基づいた“提案力”が想像通りでした。

レディくる私の紹介企業を選ぶポイントがずれていなかったんだなと思い、安心しました(笑)

ご担当者様本当に素晴らしい企業さんを紹介してくださり、ありがとうございます。

構想から半年…老若男女問わずいろいろな人に
交流してもらうきっかけになるイベント!

レディくる企画から施工までどれくらいの期間がかかったんですか。

ご担当者様構想から約半年をかけて、施設で幻想的な水辺の世界を創り出しました。

レディくるグランツリーというこの施設に適合した表現なども考慮しながら、その中での最高の世界観を試行錯誤されたんでしょうか。

ご担当者様そうですね。
この施設が街の中にぬくもりをもたらす大きな木のイメージなので、グリーンアクアリムとは親和性があるのですが、老若男女問わずいろいろな人に交流してもらうきっかけになれる場所を作っていただきました。

レディくる子どもには水族館のように、大人には芸術作品として楽しんでもらえるといったイメージでしょうか。

ご担当者様はい。
A社さんには半年間、集中して取り組んでくださって感謝しています。

「老若男女問わず、楽しめますね!」

「日本の風景美が楽しめます。」

日本各地からインスパイアされた
8つの美しい風景で構成された“日本八景の滝”!

レディくる数あるアート作品で、お薦めの作品はどれですか。

ご担当者様迷いますね。。。2つあげてもよいですか?(笑)

レディくるもちろんです(笑)

ご担当者様一番のお薦めは、“日本八景の滝”です。
日本各地からインスパイアされた8つの美しい風景、一連を滝のように構成している作品です。

レディくる日本の絶景を良いとこどりといった感じでしょうか(笑)

ご担当者様一言でいうと、そういうことになりますね(笑)
それぞれ直径1mの円形水槽の中に表現し、異なる8つのアクアリウム作品と共に、日本の風景美が楽しめます。

※グリーンアクアリウム8つの風景・・・忍野八海の湧水、白神山地の渓流、柿田川の藻群生、名城のお堀、朝霧高原の草原、京都枯山水の庭園、西表島の森、多摩川の水辺。

レディくる本当に美しいですね。
なんだかとても清々しく気持ちが良いですね。

イベント期間中も成長し続ける水草を楽しめる
作品達!

ご担当者様ちなみにこれは、6名中3名のアクアリストの共同作品になっています。

レディくるプロ3名が手掛けられたんですね!

ご担当者様はい。
その中の作者の一人の方は、約30年間アクアリウムに携わっていらっしゃっていて「作品を展示する前の週に水草などを植えたので、イベント期間中も成長していきます。」とおっしゃっており、お客さんが何度来ていただいても成長を楽しめる作品をつくってくださりました。

レディくるへー!それは素敵ですね。
イベント初日と中間、最終日と変化していくんですね。

ご担当者様何回か訪れて変化を楽しんでほしいという想いがこもった作品です。

レディくるグランツリーは家族連れのお客様が多いということですし、コミュニケーションの一つとしても楽しめますね。

「水草が成長していく過程も楽しめるんですね!」

「光の演出で水の色が変化するのも必見ですよ。」

魚や生物が1,000匹泳ぐ水と緑の楽園“緑彩の池”!

レディくる二つめのお薦めはどの作品ですか。

ご担当者様水と緑の楽園をイメージした大型展示“緑彩の池”です。

レディくる大きい水槽で、色とりどりですね。

ご担当者様はい。
2m×2mの平型水槽で、様々な色と種類の水草や流木を使っています。
魚や生物も約1,000匹泳いでいる作品ですよ。

レディくる1,000匹もいるんですね!
だから、色鮮やかなんだ。。。光の演出も綺麗ですね。

ご担当者様 はい。
湧水や光の演出で水の色を変化させています。
幻想的な世界を作るポイントですね。

レディくる本当ですね。引き込まれる美しさです。

あらゆる生物が生まれ、
循環していく生態系を表現した“天地創造”!

レディくる私のお気に入りも見つけたんですが、発表しても良いですか(笑)

ご担当者様 是非(笑)

レディくる“天地創造”です。
入り口から入ってすぐに目につきました。

ご担当者様 1メートルの円柱水槽と四角の水槽を組み合わせている作品ですね。

レディくるこれはどういう作品なんですか。

ご担当者様あらゆる生物が生まれ、循環していく生態系の姿を円柱と四角の水槽を使って表現したようです。80本の流木を使って、安定性とデザイン性のどちらも重視しているようですよ。

レディくる素晴らしいですね。
デザインがとても私好みです(笑)

「デザインがとても私好みです・・・♪」

「懐かしいですね~(笑)」

初めてレディくるのサービスを知ったきっかけは、レディくるさんからの電話!

レディくるそれでは、最後にレディくるのサービスをお使いただいた感想をお伺いしたいと思います。

ご担当者様はい。

レディくる最初、わたしから初めて御社にお電話させていただいてサービス紹介の機会をいただきましたよね。

ご担当者様懐かしいですね。

レディくるレディくるのサービスを活用されるまで、外注先の企業はどのように選定されていらっしゃいましたか。

ご担当者様展示会に出向いて探したり、代理店経由で探すことが多かったです。

レディくるご自身で探すと時間や工数がかかって大変でしたね。

ご担当者様はい。時々、営業に来られた企業さんに依頼することもありました。

レディくる御社ほどの大企業になると、営業目的のお電話も多いでしょうね。

レディくるさんが一生懸命だったので、
弊社のために頑張ってくれそうだと感じた!

レディくるわたしから初めてお電話させていただいた時は、どういった印象でしたか。

ご担当者様率直に、「こんな便利なサービスあるんだ!」と思いました。

レディくる 嬉しいです。ありがとうございます。

ご担当者様新しい企業を知るきっかけになるのなら、レディくるさんの話を聞いてみようと思ったのと、あとはとても一生懸命でうちの会社のために頑張ってくれそうだなと感じました。

レディくるわたしの想いが会う前から伝わっていたんですね(笑)

「もっと早く知っていればよかったです。」

「嬉しいお言葉、ありがとうございます!」

レディくるさんのサービスは“人のマッチングのように、最適な企業を素早くマッチングしてくれるサービス”!

レディくる実際にレディくるのサービスを活用してみて、いかがでしたか。

ご担当者様想像を超えるほど便利でした(笑)

レディくるとても嬉しいです。
私の何よりのモチベーションになります。
ちなみに、レディくるのサービスを他社さんに紹介していただけるとしたらどんな一言で紹介してくださりますか。

ご担当者様“人のマッチングのように、最適な企業を素早くマッチングしてくれるサービスがあるよ”と伝えますね。

レディくるすごく分かりやすいですね。
ありがとうございます。

ご担当者様他社や他部署で外注先を探している方がいたら、レディくるさんのサービス紹介しますね。

レディくるとても嬉しいです!
御社のご紹介であれば、いつでも駆けつけますのでよろしくお願いします。

これからもレディくるのサービスがお役に立てるよう、日々精進いたします!

レディくる今日は、ありがとうございました。
実績取材とは言いつつも、まるで大自然の森のようなアート作品まで見られて本当に御社のご協力のおかげだなと感謝しています。

ご担当者様いえいえ。
今回レディくるさんにA社さんという素晴らしい企業様をご紹介いただいたからこそ、今までにない魅力的なイベントが開催できたので、ありがとうございます。

レディくるそういってくださると本当に有り難いです。
これからも是非頼っていただきたいです。
全力で対応させていただきます!

ご担当者様ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。

レディくる引き続き、よろしくお願いいたします。

「一足先に見せていただき、ありがとうございました。」

Contact

ご気軽にご連絡ください。

0120-311-532

営業時間10:00~18:00(土日・祝日除く)